お客さまの声

このページでは、当相談室でカウンセリングをお受けになったクライアントさんからお寄せいただいたお声を紹介しています。


誰にも簡単に話せない悩みを安心して話せた!

ただ聴いてもらっているだけのはずが、ひとりでに自分の本当の思いに気づけた!

問題解決へのイメージが見えた!

行動したら付いてくるメリットがいろいろあるのを発見できた!

友達や身近な人に話してきいてもらうことと、カウンセラーさんに聴いてもらえることはまったく違う!

などなど、多くのクライアントさんから、喜びと感謝のお声をいただいております。

 

悩みばかりにとらわれなくなった方がいます。

自分が持っている力に気づき、信じられるようになれた方がいます。

中には、お店開業という夢を実現された方もおられます。

ぜひ、ご参考になさってくださいね。

 

 

 

お客さまの喜びの声

 


 

今まで見えてなかったものが見えた! 自分と向き合いながら成長していきたいと思えた。

~ M.Kさん(30代女性・主婦)

カウンセリングを受ける前は「こんな話(相談)してどう思われるかな…」「ちゃんと伝わらなかったらどうしよう…」などと考えて不安でしたが、いざカウンセリングが始まると、最初にカウンセラーさんが「100%あなたの味方として相談にのらせていただきます」と仰ってくれたので、安心して話せました

ちゃんと、自分と向き合ってくれている感じがしましたし、こちらが話している時にさえぎったり、否定されることも無かったので、今まで溜め込んできたものを一気にワーーっと話せました。それだけでも大分胸のつかえが取れて、心地よい気分になりました。この感じが、友人に話すことと、プロの方に聞いてもらうことの違いなのかなぁとも感じました。

最後にカウンセラーさんが「M.Kさんの悩んでることはこういうことかもしれない」と教えて下さったことで、今まで見えてなかったものが見えた感じでとても腑に落ちました
この先まだ、今の悩みと共に生活していきますが、なんとかなりそうな気持ちに変わりました。自分自身とも向き合いながら、成長していきたいです。

【カウンセラーより】

クライアントさんは、以前から続いていた人間関係に対する我慢が、自分で思っていた以上に深刻化していることに気づいた出来ごとが最近あったとのことで、先行きに強い不安を抱えておられました。

そのできごとは、今までとはどの程度違うものだったかを確認するところから始めて、我慢が生じたきっかけ、期間、具体的なエピソードを話していただきました。ネガティブな感情が思わず口をついて出たときには、存分に吐き出してもらいました。

お話しいただいた内容から、クライアントさんが現在の人間関係に苦しむ根本原因が複数あるように見受けられました。それらの想定に対してどう向き合えばいいかの展望を共有したところ、先行きへの不安が和らいだようでした。

 


 

「どうしたらいいかわからないけど、どうにかしたい」をきいてもらう。そこがスタートなんだと思えた。

~ C.Sさん(40代女性・主婦)

話せるかどうか最初は少し不安でしたが、カウンセラーさんが穏やかな雰囲気を持っている方だったので安心して話せました。

どうしたらいいかわからない。だけどどうにかしたいという自分の内側の気持ちを外側にだせたことがよかったです。

友達や身近な人に話してきいてもらうことと、カウンセラーさんに聴いてもらえることはまったく違うことがわかりました。本当の意味で、話をきいてもらえるということが、こんなに肩を軽くしてくれることなんだと体感できたことが本当によかったです。

気持ちを外側に出したことによって、内側で悶々と考えているだけでは見えなかった自分が見えました。人に話してすぐに解決するわけではないのがわかるだけに自分の中だけで考えてしまいがちですが、人に話す、きいてもらう。ここがスタートなんだと思えたことがよかったです。

【カウンセラーより】

クライアントさんは、ご家族の異動が間近に迫る中で、今後の生活やご自身の活動への影響を思い悩んでおられました。自分の居場所に対する先々の不安で身体に痛みが生じるほど苦しまれていました。

相談中は、クライアントさんが抱えておられる辛い気持ちや身体の痛みが、どういった状況や背景から生じているのかを確認していきました。状況や背景にひもづいている気持ちを都度都度吐き出してもらいながら、周囲の誰に相談してもどうにもならなかった経緯と思いもお話しいただきました。

時にはカウンセリングのセッションで話したり、時にはメールで書き出したりを繰り返して、時間をかけて、ご自身の気持ちや望む姿を整理することに取り組みました。

複数回のカウンセリングを経て、自分の気持ちを言葉にして伝えることの大切さに気づかれ、自分の居場所を自分で作る決意や構想を思い描き、イキイキとした表情で話してくださるほどに変化していきました。

 


 

今の自分でOKと思えて気持ちがスッキリ!前向きになれました。

~ R.Nさん(50代女性・自営業)

相談する前は、自分のお客様にどう向き合ったらいいのかが分からなくて、モヤモヤした気持ちでいっぱいでした。

私の気持ちを丁寧に聞いてくれて、話をしているうちに、日頃私が人に対して接している感じでいいんですよ、と言っていただいたことがとてもしっくりときました

「ああ、これでいいんだなぁ」と思えて、気持ちが落ち着き、安心することができました。

話している中で、「今の自分でOKなんだなぁ」と思えたことが本当に嬉しかったです。自信を持たせてもらえたように思います。

気持ちがスッキリし、前向きな気持ちになれたことを、心から感謝しております。ありがとうございました。

【カウンセラーより】

クライアントさんは、ご自身のお客様とのコミュニケーションに不安を抱えておられました。お客様に満足していただくためにどう関わるべきなのか、なにをどれだけ準備すべきかがわからなくなってきてモヤモヤしているという内容でした。

相談中は、ご自身のこれまでの対人関係を振り返っていただきました。人との関わりで取ってきた行動や結果の中から問題の有無を切り分けていくうち、自分の力でやってきたことをそのまま活かせることが発見できました。

クライアントさんがもともと心の奥に秘めていた「自分が一番大切にすべきこと」を自ら再確認できた瞬間、安心感に満ちた表情に一変したことが非常に印象的でした。

 


 

自分では思いもしなかった大事な視点に気づき、気持ちが前向きに!

~ C.Aさん(30代女性・出版営業&ライター業)

加戸先生
本日はありがとうございました。

私のとりとめのない長い話を、真剣に根気よく聴いていただけました。100% 私の味方になってくださったことで、モヤモヤしていた気持ちが楽に、軽くなっていくのを感じました。

また、自分では思いもしなかった方向から、問題について問いかけていただいた時、大事な視点を見落としてしまいそうだったことに、ハッと気づきました

加戸先生のカウンセリングを受けたことで、これから前向きに過ごしていこうと思えるようになり、気持ちが明るくなりました。本当にありがとうございました。

【カウンセラーより】

クライアントさんは、生活環境が変わってからの人間関係に対するお悩みを相談いただきました。相手が悪いことをしてくるわけではないのに、つい、いつの間にかネガティブに考えてしまいがちになる、そんな自分がさらに嫌になる、そういった内容でした。

相談中、クライアントさんはご自身のお気持ちをしっかり伝えてくださいましたので、その気持ちを引き起こす状況を詳しく確認させていただきました。人間関係を取り巻く状況や経緯をいくつもの視点から見つめることで、必ずしもネガティブな一方でもない面もあったことに、自らお気づきになられました。

 


 

初めての相談で、聞いてもらっただけで奥底の思いに気づきました!

~ T.Fさん(50代女性・自営業)

なんのきの木かげさんで初めて相談をさせていただきましたが、話をじっくり聞いてくださったことで、自分の想いを全て気持ちよく話すことができました

落ち着いたゆっくりとした話し方でしっかりと私の話を受け止めて聞いてくださり、こちらも、自分の中から答えが導き出されるように出てきて不思議でした。

また、自分が話したことを深掘りしてもらえたので、自分で小さな課題に気づいて実践できたことは自信になりました。

カウンセリングが終わった後で、さらに心の奥底にある思いに気づきました。これから、その思いを掘り下げたいと思いました。そして、自分の中から気づき行動を変えていけるように、継続的にカウンセリングを続けていきたいと思っています。

カウンセラーより】

クライアントさんは、ご家族との関係と、ご自身のお仕事への見通しへの不安を相談いただきました。ご自身に対する劣等感や無力感を強く感じておられることが、お話しいただいた内容やご様子からうかがい知れました。

相談中は、とにかくじっくりとお話を聴き、クライアントさんの状況と気持ちを把握しました。クライアントさんは目標をお持ちでしたので、まずは無理なくできることを一緒に考えるための対話を進めていきました。

早速、その行動をされたことをご報告いただき、クライアントさんが自分自身の力で努力を続けようとされる意欲が湧き上がってきたことを感じられました。

 


 

自分が本当に解決したいことに気が付き、やる気が出ました!

~ Y.Mさん(40代女性・自営業)

話を聞いてもらって、はじめに思っていた以上にたくさんのことに気づけて、未来に向けての目標が明確になりました!

  • 自分の今の現状把握ができた
  • 未来の自分像をイメージできた。
  • イメージした未来の自分になるためにはどう行動したらよいかを考えることができた。
  • 未来に向けて行動したら付いてくるメリットがいろいろあるのを発見できた!
  • 自分が本当に望んでいたことがひとつではなかったと気づいた!

はじめは「パソコンが苦手でもっと上手く扱いたい!上手く扱えたら仕事の効率が良くなるから!」という職場での悩みをどうしかしたいと相談しましたが、

仕事効率アップ

家事の時間が取れる

イライラが減る

子供に優しくなる

好きな料理に心をこめられる

惣菜を買う回数が減る

家計が助かる

私の精神が落ち着く

などなど…本当に解決したかったことや、その方法までもわかってきました。

仕事の効率を良くする方法を「このとおりにすればいい」というふうに教えてもらったわけではないのに、道が見えた感じがして、なんだか気持ちがスッキリ!やる気が出てきました!

【カウンセラーより】

クライアントさんは、仕事の効率を上げるために職場でパソコンをうまく活用したいけれども、苦手意識が拭えなくて長い間解決できずにいるという悩みを抱えておられました。

相談中は、仕事の効率を上げる対策を考えることからは敢えてフォーカスを外し、クライアントさんの現状をじっくりと確認してから、仕事の効率が上がったその先にどんないいことがあるか、一歩一歩イメージを進めていくことによって、本当に望んでいることを引き出していきました。

話の本題が、必ずしも根本の悩みや望みであるとは限らない。
その好例でもありました。

 


 

話を聴いてもらい、内側の思いを出せて、気持ちが楽に

~ N.Tさん(40代女性・クラフト作家)

誰にも話せず、ひとりで思いつめて苦しくなるほどの悩みをきいてもらっただけで、気持ちが軽くなり、悩んでいるときにずっと感じていた背中の痛みまで治まりました。

悩んでいるときは、いろんな気持ちや感情がもつれた糸のようになっていることに自分自身気づけていませんでした。そのことに私が自分で気づくように、ひとつひとつ絡まった気持ちをほどくように悩みの中身を聴いてもらえました。

問題の原因を指摘されるというのではなく、対話する中で自分のいろんな思いに気づいていくことができるこの感覚は、なんのきの木かげさんでカウンセリングを受けてはじめて感じられました。

カウンセリングを受けるということ自体、ハードルが高くてなかなか受けようとはなれないけれど、実際に、人に話を聴いてもらって、自分の内側の思いを出すことができたら、こんなに気持ちが楽になるんだと感じました。

【カウンセラーより】

クライアントさんは、日頃から、人と接するときに気持ちが焦ってしまい、うまく話したり接したりできないことを辛く感じておられました。

人に「急いで」と実際に言われたわけでないのに、どうしても焦ってしまう自分が嫌だけど、なんで焦ってしまうのかがわからない、というご相談でした。

相談中は、具体的にあった出来ごとをゆっくりと思い出しながら、その状況に対してクライアントさんが自分に望む姿を思い描いていただきました。

その姿を思い描いていただくための問いかけを進めていくにつれて、クライアントさん自身でどんどん問題の深堀りを進めて、問題の解決策や本当に大切にしたいことに自ら気づかれていきました。

さらには、ご自身の作家活動をより充実させるアイディアまでも引き出されていったことには、カウンセラーのわたしも大変驚き、ご本人の潜在能力に感銘を受けました。

 


 

聞き上手、話し上手を自然体でされていて、凄いと…

~ N.Mさん(20代女性・栄養士)

相談中は、とにかく話したいことをみんな話し終わるまで話せました。どんなことでも、途中で意見などを挟まれたりすることもなく、安心して聴いてもらえました

わたしは人とのコミュニケーションにも強い関心があり、それらに関する本を結構読んでおり、聞き上手、話し上手になれることを今後の目標としていますが、それを自然体でしておられたところが凄いと感じながら相談していました。

【カウンセラーより】

クライアントさんは、コミュニケーション力に自信のなさを感じておられました。自分のコミュニケーションには問題を感じており、克服することが目標だと自覚しているけれども、どう改善すればいいのか。そういったご相談でした。

相談中は、クライアントさんの最近の出来ごとについて自由な雰囲気で対話をすることから始めました。対話を続けながら問題を切り分け、クライアントさん自身は問題だと思っていることでも、相手にとっては必ずしも問題ではないということを、生の対話を通して、少しずつ一緒に確認していきました。

 


 

お店の開業準備中に感じていた不安が和らぎ、無事に開店を果たせました!

~ Y.Mさん(40代女性・飲食店経営)

家族との話し合いで開業を決めた飲食店の準備段階で悩みを聴いていただきました

やるべきことがたくさんある。お店の雰囲気やサービスをこうしたいというイメージはある。

いいお客さんに来てもらえるかどうか、開店を楽しみにしている人の気持ちに早く応えたい…

ひとりで考えるだけではまとまらなかった多くの不安と焦りをひとつひとつ整理していただき、無事、開店を実現できました!

時にはメールでも相談をさせていただきましたが、いつも要点結論を分かりやすく簡潔に書いてくださいました。仕事の進め方についても、予定や課題を可視化して整理すること、そのやりかたなどの助言をいただけたことは、開店してからも役に立っています。ありがとうございました。

【カウンセラーより】

クライアントさんは、開店するお店で叶えたいイメージ、そのためにやるべきたくさんの作業、さらには、それらをやらねばならないという気持ちが自分の中で交錯してしまい、焦りと不安から、ネガティブな思いを膨らませてしまう辛さを強く感じておられました。

相談中は、クライアントさんの中で交錯する気持ちや考えから、やるべき作業とその順序や優先度を整理できるよう、問題を切り分けるサポートを行いました。

クライアントさんの開店準備にできるだけ多くの時間を取れるよう、対面相談とメール相談を併用して、臨機応変に相談ができるように配慮しました。

 


 

安心して悩みを話すことができて、自分の本当の気持ちに気づけました!

~ T.Aさん(40代女性・介護職)

「解決したいことがあるのになぜできないのか、うまくいかないのか」と、悩みを抱えていました。日々、同じ場所をぐるぐると回っていて全然前に進めない感覚を繰り返していたところへ、一歩踏み出す勇気をいただきました。

話を聴いていただき、いくつかの質問に答えただけで、問題点や、行動にうつしていくべきことが明確になりました。また、自分では見えない視点からの問いかけに答えると、自分では問題と思っていなかったことに問題があったんだと、自然と気づくことができました。

カウンセラーさんに自分の話をじっくりと聴いていただくことによって、自分の本当の気持ちに気づけたことが大きな収穫でした。

カウンセリングを受けたときに感じた前向きな気持ちは、その後の日々の生活にもじわじわと意識の変化をもたらして、結果、行動の変化にもつながりました!堅苦しくない雰囲気の中、終始安心して悩みを話すことができました。ありがとうございました。

【カウンセラーより】

クライアントさんからは、同僚と話すときに、自分が思ったことをなかなか相手に言えないというご相談をいただきました。

相手に気をつかい過ぎてあれこれと考え込んでしまい、言うべきことを言えず、結局、一方的に相手の言うことをきくだけで終わることの繰り返し。それを自分で問題だと思うけど、どうしたらいいのかわからない

そんな無力感を強く感じられていました。

相談中は、クライアントさんが話された問題の原因ではなく、解決に向かうためにできる行動を一緒に考えました。時折、姿勢や表情を変えたりして身体をほぐしながら考えるうち、クライアントさんが自分自身で解決への行動の第一歩に気づかれました